フィナステリドを副作用に怯えながら使って効果があると思いますか?

フィナステリドを利用した方は、髪が非常に増えた、増えたと喜びの声も多いですがその反面、副作用もあると言われています。その真相はどうなのでしょうか?
MENU

キャピキシル,男性育毛剤,ランキング

薄毛や抜け毛に悩んでいる人に

 

効果的な成分だと言われているものにフィナステリドがあります。

 

フィナステリドは育毛剤として開発がスタートしたものではなく、もともとは前立腺肥大の治療薬として開発されていました。

 

その薬を使用した前立腺肥大の患者から育毛や増毛の効果が報告されたころから、AGA治療薬として認可されたという歴史があります。

 

AGAとは?

 

AGAは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変化してしまい、ジヒドロテストステロンによって髪の毛の細胞分裂が抑制されて髪が抜けやすくなったり、生えてきにくくなったりしてしまう症状のことです。

キャピキシル,男性育毛剤,ランキング

フィナステリドは5αリダクターゼを制御し、ジヒドロテストステロンが

 

生成されないようにすることで薄毛や抜け毛を防ぐ働きがあります。

 

AGAへの効果が高いと言われており多くの人が使用しているのですが、
もともと病気の治療薬として開発されているため、フィナステリドには副作用があります。

 

フィナステリドの副作用として報告されているものには、ED(勃起不全)、精子減少、性欲減退などの男性の性的なことへの副作用が多く報告されています。他にもうつのような症状や肝機能への影響が出ることもあると言われています。

 

確かに髪の毛への効果は大きく、フィナステリドを半年間利用した人への調査では「髪が非常に増えた、増えた、少し増えた」と感じている人は80%以上にも上っています。

キャピキシル,男性育毛剤,ランキング

しかし、これだけの副作用があることに怯えながらフィナステリドを使うよりも、

 

フィナステリドを同じような働きをしながら副作用がないものを利用したいものです。

 

それをかなえてくれるのが、フィンジアです。

 

キャピキシル,男性育毛剤,ランキング

 

フィンジアには頭皮の血行を良くし、5αリダクターゼを制御して毛包を活発にし、新しい髪の毛が生える手助けをしてくれるキャピキシルが配合されています。

 

植物性由来のピオカニンAという成分の5αリダクターゼを制御する効果と、アミノ酸ペプチドの細胞外マトリクスを修復する効果により、毛包構造の維持を行う、という効果を持つ2つの成分を合わせてできたのがキャピキシルです。

 

キャピキシル,男性育毛剤,ランキング

自然由来だったり人間の体内にあるもので作られているキャピキシルは頭皮に使う育毛剤のような頭皮かぶれや血圧上昇といった副作用が起こらないと言われています。フィンジアは朝と夜の2回、頭皮にスプレーするだけの手軽さなので、特に朝の忙しい時間にはとても便利な育毛剤です。

 

関連ページ

育毛剤は副作用がある?
育毛剤を使ってみたいという方は多いと思いますが気になるのが副作用、あるのかといえばマジなのかウソなのかわかりにくいですよね。その真相はいかに!
キャピキシルでの副作用
キャピキシルは危険なのか不安なあなた実はキャピキシルには副作用のリスクはあるのでしょうか?
AGA治療薬の副作用
AGA治療薬プロペシアには性欲減退と勃起機能の低下という副作用のリスクがあります、心配な方はまずは育毛剤から始めてみましょう
ミノキシジル副作用について
ミノキシジルはAGAの治療薬の一種ですが副作用を心配する人も少なくないでしょう。果たして本当のところはどうなんでしょうか?
プロペシアの副作用は?
医療機関などで処方されるAGAの治療薬プロペシア、使ってみたいけど副作用は心配ないのでしょうか?大丈夫なの?
フィンペシアに副作用?
フィンペシアは薄毛対策としてよく使われますが、ただ副作用について理解した上で使用することが大切です。知らないと取り返しの付かない事にもなりかねませんよ!
ミノタブに副作用がある?
ミノタブとは、ミノキシジルの成分が配合されているタブレット型の育毛剤で効果が早く出るとされています。ですがそれゆえ副作用の心配もあります。果たしてそこまで冒険を冒す必要はあるのでしょうか?
リアップの副作用について
リアップはミノキシジルを配合していて、第一類医薬品として販売されていますが、使っても危険性はないのでしょうか?副作用は大丈夫なの?
このページの先頭へ